CMSとサーバー

最近の風潮として、WordPressなどのCMSをうまく使い、企業用のHPを製作するところが増えました。設置が簡単なうえに更新しやすく、サーチエンジンに対して相性がいいことにより、検索順位を操作しやすい環境を作れるからです。

検索してもらえなければHPの意味はなく、そのために様々な手段を講じなければいけません。それを簡単に実現させるためには、CMSの存在はなくてはならないのです。このWordPressを設置しようとした場合、レンタルサーバーの中でもPHPとMySQLという二つのサービスが重要になります。PHPは開発言語であり、MySQLはデータベース管理システムですが、この二つを利用できることが設置するための最低条件となるのです。

慣れてしまえば設置は簡単で、設定も単純な方法で作ることができます。テンプレートも様々な種類があるので、自分の好きなようなページにできるわけです。無料や有料のサーバーどちらでも使えますが、中にはサーバー側が設定を手伝ってくれるところもあります。

ブログとしてデータベースに蓄積していく形で構成されていくので、無料のように突然サービスが終わる可能性がある場合には、かなり注意しなければいけません。いざデータを移そうとしても膨大になってしまうことも多く、転送量制限などが課されていると引っ越しなども大変になります。ですから、先を見越してサーバーを借りなければならないのです。